プロフィール 

ましまろ

Author:ましまろ


某アパレルメーカーで7年間
『パタンナー』していましたが、
結婚後『まったり主婦』(o・ω・o)

中学生の娘がいます。

家事・育児・仕事の合間に
まったりとハンドメイド中。

コメント・相互リンク大歓迎

 

Google 

Google

 

FC2カウンター 

 

素材提供 

 


ホーム 全記事一覧


グズグズですみません。。。
ブラウスは、未だに完成しておりません~今日は袖口を完成させました。

オリジナル(買った)ブラウスは、袖口にギャザーを寄せてカフス付きでした。
ワンサイズ大きいものを買ってしまったので、袖が長くて
結果的に2ヶ月で袖口を破ってしまって、チャンチャンなことになりました。

さて、新たに作るならと、ちょっと改良した袖口がこれです。

mashimaro-saku131@

残念ながら、私のオリジナルではありません。
幼稚園のときの制服のブラウスの仕様を参考にしました。

袖口明きから袖山側の半分は、ギャザーを寄せた普通のカフスですが、
袖口明きから袖下側の半分は、カフスの中に平ゴムを入れてあります。

こうするとボタンを取らなくても脱ぎ着出来ますし、
暑かったときとか腕まくりしても、袖口がずり下がってきません。

さあ後は、衿とボタン&ボタンホール…この前まさかの失敗をしたので、慎重にいきます。


table_s.gif


サクラ?@

土曜日に公園に行ったら、サクラ?が咲いていました。
木も花もサクラだったので、多分サクラなんでしょうね。。。


そして、アスレチックで遊んでいた娘を撮ろうとしたら…

アスレチック@

見事な転げ落ちっぷりを披露してくれました!!
わざとじゃないところがスゴイです!! 



kit32.gif


『人気ブログランキング』へ 『FC2ブログランキング』へ

ランキング参加中 
↑ ↑ ↑ 応援クリック お願いします♪ ↑ ↑ ↑







5月に娘の半袖の 白いブラウス を作りましたが、
そろそろ長袖ブラウスも作り直さないとヤバイくらい朝晩涼しくなりましたね。

娘の学校は「衣替え」がないので、今のところ半袖ブラウスにブレザーを羽織って
登校していますが、長袖が欲しくなるのは時間の問題…

4月に買ったブラウス、2ヶ月で袖口を破られました。
少し大き目を買った私も悪いんでしょうが、もう買わないことに決めました。

一昨日、長袖のパターンを作って、生地を裁断しました。
そして昨日は、左胸ポケットと袖口の明き作りをしました。

mashimaro-saku129@

久しぶりにパイピング仕様の袖口明きを作ったので、出来はイマイチ。。。
(…って、この画像じゃわかりづらいですよね)

mashimaro-saku130@

ポケット口を表側に三つ折して、名札をつけるテープをはさみ込みました。
これは今晩この後、左胸に縫い付けます。


table_s.gif


本当は、もう少しブラウス作りを進めたかったのですが、
昨日、娘が 『ルルとララのきらきらゼリー』 という本を図書室で借りてきました。
この本が発端で娘が「ゼリーを作りたい」と一言~予定変更です。。。

グレープフルーツゼリー@

グレープフルーツゼリーを作りました。

娘は、睡魔に負けてゼリーが固まるまで起きていられず撃沈~
朝、一緒に食べましたが、甘すぎずサッパリして美味しかったです。 



kit32.gif


『人気ブログランキング』へ 『FC2ブログランキング』へ

ランキング参加中 
↑ ↑ ↑ 応援クリック お願いします♪ ↑ ↑ ↑







mashimaro-saku127@

ボタンホールとボタン付けをして完成しました。

mashimaro-saku128@

でもね…こんな失敗初めてなんですが、
ボタンホールをミシンで作った後、メスを入れたら糸まで切ってしまいました。

解いて縫い直してみたんですが、一度メスを入れた場所に
ボタンホールをやり直してもキレイにいかないですね、当たり前ですが。

心が一瞬折れましたが、当て布をしてボタンホールを作り直しました。
当て布は、 チュニックブラウス で使ったハギレです。

柄の色の系統がこのチェックに近いので、
思ったより違和感なく、ポイントになってくれました。


table_s.gif


10月8日15時ごろ、私の祖父が永眠しました。
享年101歳 (明治42年生まれ)


ここ2ヶ月、体調が悪かったので、実家のほうから覚悟はしておいてと
言われてはいましたが、何か今でも信じられない感じです。

生まれたときから、ず~っと一緒に暮らしてきました。
結婚してから8年は、なかなか会えなかったのですが、
ホント丈夫で「不死身」のオーラのある人でした。。。


『家族 仲良く』


晩年、祖父のよく言っていた言葉です。 



kit32.gif


『人気ブログランキング』へ 『FC2ブログランキング』へ

ランキング参加中 
↑ ↑ ↑ 応援クリック お願いします♪ ↑ ↑ ↑







mashimaro-saku124@

今日は、仕事が終わってから家事をしつつ、娘の宿題を見つつで、ここまで。

縫うところが少ないお陰もありますが、頑張りましたよ。
あとボタンホールとボタン付けをしたら完成です。

mashimaro-saku125@

袖口は、こんな感じの七分袖です。
前回作ったブラウスは、着てみたら八分ぐらい袖丈があったので、
5センチ短くして、今度のはちゃんと七分袖になりました。

脇にベルト通しも縫い付けました。

mashimaro-saku126@

後のヨーク切替えは、前回と同じでギャザー。
紐もちゃんと作ってあります。


出来上がったら、また洗うので、もう少し柔らかい雰囲気になります。


table_s.gif


ブラウスは、こんな感じで順調に仕上がっておりますが、
授業参観当日に台風直撃濃厚~!!
警報が出て、学校が休みになったら、授業参観は金曜日に延期。

木曜日しか仕事の休みをとっていないので、金曜日になったら行けない。。。 



kit32.gif


『人気ブログランキング』へ 『FC2ブログランキング』へ

ランキング参加中 
↑ ↑ ↑ 応援クリック お願いします♪ ↑ ↑ ↑







mashimaro-saku122@

同じデザインでもう1枚。

週末に裁断しておいたので、今日は前身頃にギャザーを寄せて
短冊明きを作ったところで終了しました。

最近は、こんなペースでモノ作りしています。
まさに『まったり』なんですが、木曜日に授業参観があるので、
それまでに作って着ていこうと目論んでおります。


が、しかし台風が接近しております!!
娘の小学校で新型インフルを発症した児童がいるらしいという噂もあり!!

どうなるんでしょうかね?今のところ予定通りですが。。。


さて、今回の生地は、 nani IRO 2006 SAN c/#アクト です。
半額に近いところまで値下げされていたので、買いました。
チェックですが、プリントなので柄合わせは、何とな~く左右対称程度です。


だって、斜行していたんだもん…


table_s.gif


蝶@

デジカメの中に残っていた画像から。

ある夏の夕方、ウチのベランダにひらひらと飛んできて、そのまま一泊。
ゴーヤの葉の裏の寝心地が良かったのでしょうか?
早朝、飛び立つ前に1枚撮らせていただきました。 



kit32.gif


『人気ブログランキング』へ 『FC2ブログランキング』へ

ランキング参加中 
↑ ↑ ↑ 応援クリック お願いします♪ ↑ ↑ ↑







mashimaro-saku119@

自分用プルオーバーのブラウスを作りました。

出来上がってから一度洗ってノーアイロンの状態なので、ちょっとしわくちゃですが、
このしわ感が好きなので、あえてこの画像です。

mashimaro-saku120@

前にギャザーを入れてみましたよ。

mashimaro-saku121@

後のヨーク切替えも今回はギャザー。
判りにくいですが、袖口もギャザーが入っています。

出来上がってから着てみたら、何だか妊婦さんのパジャマみたい。。。
な鏡に映った自分の姿を見て、紐を追加で作りました。

お天気のいい日は1枚で、肌寒い日は中に長袖のカットソーを着て重ね着でと、
今の季節に活躍してくれそうな1着になりました。

それからこの生地、画像では判りにくいですが、半年ぐらい前に衝動買いした
nani IRO 2008 Fuwari fuwari c/#シノワ という生地だったりします。

自分用は、娘用と違ってサイズが変わることがないので、
ちょっと高めな生地も使って自己満足しています。




table_s.gif


先週の土曜日、娘の運動会を見に行きましたよ。

リレー@

クラス対抗リレーで、娘のクラスは1位でした♪

他に1年生はダンスと親子玉入れがありました。
それから全校ダンス、1年生は6年生と一緒にダンスしました。

もっといいデジカメが欲しい~!!と身悶える運動会でした。。。 



kit32.gif


『人気ブログランキング』へ 『FC2ブログランキング』へ

ランキング参加中 
↑ ↑ ↑ 応援クリック お願いします♪ ↑ ↑ ↑







twitter 

 

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.