プロフィール 

ましまろ

Author:ましまろ


某アパレルメーカーで7年間
『パタンナー』していましたが、
結婚後『まったり主婦』(o・ω・o)

中学生の娘がいます。

家事・育児・仕事の合間に
まったりとハンドメイド中。

コメント・相互リンク大歓迎

 

Google 

Google

 

FC2カウンター 

 

素材提供 

 


ホーム 全記事一覧


1432445777604.jpg

このバルーントートバッグの作り方の続きです。
画像をクリックすると大きく表示されます。


 《 レシピその5 》 



■ 縫い方 ■ 本体とマチ布を縫い合わせる

20150524_142726.jpg

本体とマチ布を中表に合わせて、マチ針で留めるか、
しつけをかけるかしてからミシンをかけます。
縫い代は1cm付いていますが、0.7~0.8cm幅で縫います。

私の場合、ミシンをかけるときはマチ布を上にしています。

一度、表に返して縫い込まれていないかなど、
綺麗に縫えているかを確認してください。

20150524_142901.jpg

20150524_142842.jpg

確認したら、バイアステープを重ねて1cm幅で縫います。
今回は、裏地で4cm幅のバイアステープを作りました。

20150524_142935.jpg

再び、表に返して縫い込まれていないかなど、
綺麗に縫えているかを確認してください。

縫い代を0.1~0.2cmぐらいカットして縫い代の端を
綺麗に整えてから、バイアステープで包んでいきます。

20150524_143040.jpg

マチ布側から見たら、こんな感じです。

パターンもダウンロードできるように準備完了です。
レシピその1 の記事からダウンロードできます。
線が薄くて見づらいですが、よろしければどうぞ。。。





table_s.gif


バイアステープで包むとき、今回のように
厚さがあったりカーブがあったりするものは、
布用のりで仮止めして縫うと縫いやすいです。



河口 仮止め用 布用スティックのり
価格 270円  (税込 291円)




河口 仮止め用 布用ペンタイプのり
価格 342円  (税込 369円)




河口 仮止め用 布用ペンタイプのり詰替用
価格 432円  (税込 466円)

 



kit32.gif


『人気ブログランキング』へ 『FC2ブログランキング』へ

ランキング参加中 
↑ ↑ ↑ 応援クリック お願いします♪ ↑ ↑ ↑







1432445777604.jpg

このバルーントートバッグの作り方の続きです。
画像をクリックすると大きく表示されます。


 《 レシピその4 》 



■ 縫い方 ■ 本体にアクリルテープを付ける

20150524_132034.jpg

テープの表側に両端から30cmのところに印をつけます。

20150524_131741.jpg

テープを中表に二つ折りして端を1cmの縫い代で縫います。
ミシン糸はテープの色に合わせてください。

二つ折りのままアクリルテープの端から20cmぐらいを
本体のカーブに近いカーブになるようにアイロンで
クセ付けしていきます。(大体で大丈夫です)

20150524_142614.jpg

テープの縫い代を割り、輪っかの状態に広げます。

テープの縫い目を底側の中央に合わせて、
本体にテープを馴染ませながらマチ針で留めるか、
しつけをかけるかしてテープを付けていきます。

この時、最初につけた端から30cmの印がバック本体の
端から同じ距離の位置にくるようにしてください。

そうすることによって、持ち手の長さが揃います。

アイロンのクセ付けの仕方やアクリルテープの硬さによって
若干の誤差が出てきます。
今回は、本体の端から0.7cm入ったところに印がきました。

底の外側をスタート地点とし、持ち手の部分は数回返し縫いをし、
内側を縫い、一周まわってスタート地点に戻ってきます。
内側は、テープを少しイセ込ませながら縫っていきます。

ミシン糸は上糸はテープの色、下糸は生地の色に合わせます。

20150524_132203.jpg

裏側から見ると、こんな感じに縫えています。





table_s.gif


次回は、本体とマチ布を縫い合わせます。

一工程ごとに撮影していたつもりでしたが、
upしてみたら画像が少なめでした。

わかりにくかったら、ごめんなさい。。。 



kit32.gif


『人気ブログランキング』へ 『FC2ブログランキング』へ

ランキング参加中 
↑ ↑ ↑ 応援クリック お願いします♪ ↑ ↑ ↑







1432445777604.jpg

このバルーントートバッグの作り方の続きです。
画像をクリックすると大きく表示されます。


 《 レシピその3 》 



■ 縫い方 ■ 本体部分を縫う

20150524_000436.jpg

底のダーツ縫い、裏地と見返しを接ぎ合わせます。

20150524_000616.jpg

ダーツは表と裏が互い違いになるように倒します。

20150524_123304.jpg

本体の表地と裏地を中表に重ね合わせて、
入れ口部分を縫います。(ピンクのライン部分)

20150524_123452.jpg

縫い代を半分の幅にカットし、縫い目の手前まで
凹部分に切り込みを入れ、凸部分はカットして下さい。

20150524_130955.jpg

表に返して形を整えたら、
入れ口部分に押さえステッチを入れます。

20150524_123542.jpg

見返しにだけ切り込みを入れ、
マグネットホックを取り付けます。

20150524_131110.jpg

ズレないように脇~底にかけて、
ぐるりと粗ミシンで端ミシンで押さえます。

表側に端から1.3cmの位置に消えるチャコペンで
ラインを入れます。(ピンクのライン部分)

アクリルテープの外側をこのラインに
合わせて縫いとめていきます。

消えるチャコペンは、共布のハギレで
テストしてから使ってくださいね。





table_s.gif


次回は、アクリルテープを付けます。

1Mのテープを使うと出来上がりの
持ち手の長さは39cmぐらいになります。 



kit32.gif


『人気ブログランキング』へ 『FC2ブログランキング』へ

ランキング参加中 
↑ ↑ ↑ 応援クリック お願いします♪ ↑ ↑ ↑







1432445777604.jpg

このバルーントートバッグの作り方の続きです。
画像をクリックすると大きく表示されます。


 《 レシピその2 》 



■ 縫い方 ■ マチ部分を縫う

20150524_122719.jpg

ポケットの表地と裏地を中表に重ね合わせて、
入れ口部分を縫います。(ピンクのライン部分)

20150524_122834.jpg

アイロンで縫い代を割ったら、表に返して
入れ口部分に押さえステッチを入れます。

20150523_214222.jpg

マチ布とポケットを重ねて置きます。

20150523_214338.jpg

その上に底布を中表になるように重ねて縫い合わせます。

20150524_122926.jpg

もう片側も縫い合わせ、1枚のマチ布にしたら、
縫い代を底布側に倒して、押さえステッチを入れます。

20150524_123213.jpg

裏地もマチ布と底布を合体させて、1枚のマチ布にします。
裏地の縫い代はマチ布側に倒してください。

表地と裏地を中表に合わせて、マチの口部分を縫います。

アイロンで縫い代を割ったら、表に返して
マチの口部分に押さえステッチを入れます。

それから両脇の端を粗ミシンで押さえておきます。

ポケットの入れ口部分は少し大きく作ってあるので、
こんな感じで「ゆとり」があります。





table_s.gif


これでマチのパーツは完成です。
次回は、本体パーツを作っていきます。 



kit32.gif


『人気ブログランキング』へ 『FC2ブログランキング』へ

ランキング参加中 
↑ ↑ ↑ 応援クリック お願いします♪ ↑ ↑ ↑







1432445777604.jpg

今回は、POPな葉っぱ柄を表地に使って作ってみました。

うまく伝えられるかわかりませんが、私流の作り方です。
レシピを公開することを前提に考えたわけではありませんし、
バッグのデザイン自体が、初心者向きでないと思います。

レシピを見て「作れそうだなぁ」と思ったら作ってみてください。


 《 レシピその1 》 



■ パターン ■

バルーントートバッグ【Sサイズ】 をダウンロード


■ パターンの注意点 ■

パターンは、A4サイズ(縦)5枚です。

印刷する時、「用紙サイズに合わせる」に指定すると、一回り小さく
印刷されてしまいますので、「等倍(実際のサイズ)」と指定してください。

パターンに1辺10センチのL字がありますので、正しいサイズで
印刷されているかをこのラインで確認してください。

鉛筆で描いたパターンなので、印刷すると線は薄いです。
パターンには、1センチの縫い代がついています。

20150524224632778.jpg

本体(表・裏)と見返しのパーツは半身のパーツです。
紙を貼り合わせて、中心線で二つ折りにしてカットしてください。


■ 材料 ■

表地用生地
裏地用生地
マグネットホック 1組
アクリルテープ 1M×2本


芯地は、素材によって必要なら貼ってください。

厚い芯地や硬い芯地を貼る場合は、縫い代には貼らず
出来上がりサイズで芯地を貼ってください。
それでも本体とマチ布の縫い合わせが大変でした。
正直言って、厚い芯や硬い芯は、おすすめしません。


ミシン糸は、生地の色に合わせたものと
アクリルテープの色に合わせたものを準備してください。


消えるチャコペンで表地に印を入れますので、
必ずペンの注意書きに従ってハギレでテストしてください。


■ 裁断 ■

20150523_212219.jpg

表地→本体・見返し・ポケット・マチ布を各2枚、底布を1枚
今回、表地の全パーツに薄手の芯地を貼りました。

20150523_212715.jpg

裏地→本体・ポケット・マチ布を各2枚、底布を1枚





table_s.gif


次回は、縫製に取り掛かります。 



kit32.gif


『人気ブログランキング』へ 『FC2ブログランキング』へ

ランキング参加中 
↑ ↑ ↑ 応援クリック お願いします♪ ↑ ↑ ↑







twitter 

 

月別アーカイブ 

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.