プロフィール 

ましまろ

Author:ましまろ


某アパレルメーカーで7年間
『パタンナー』していましたが、
結婚後『まったり主婦』(o・ω・o)

中学生の娘がいます。

家事・育児・仕事の合間に
まったりとハンドメイド中。

コメント・相互リンク大歓迎

 

Google 

Google

 

FC2カウンター 

 

素材提供 

 


ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>


35-シューズ型ペンケース01

このシューズ型ペンケースの作り方の続きです。
画像をクリックすると大きく表示されます。


 《 レシピその2 》 



■ 縫い方 ■

35-シューズ型ペンケース05

側面のパーツのファスナーが付く部分を
出来上がり線で折り、アイロンで押さえます。

35-シューズ型ペンケース06

35-シューズ型ペンケース07

ファスナーを0.6センチ出した状態で重ね、ステッチで押さえる。


アイロン両面接着テープ(5mm幅) を使ってファスナー付けすると
マチ針やしつけ無しで、ずれることなく縫えます。
くっつきにくい素材やアイロン不可の生地には使えませんが…

35-シューズ型ペンケース08

35-シューズ型ペンケース09

ファスナーの端は、先に↑のように折っておく。

35-シューズ型ペンケース10

つま先パーツと接ぎ合わせ、縫い代をつま先側に倒し、押さえステッチ。

35-シューズ型ペンケース11

底のパーツは、表地と裏地を外表で重ね、粗ミシンをかける。
甲のパーツは、かかと部分を縫い合わせ、縫い代を割る。

35-シューズ型ペンケース12

表地同士が中表になるように底パーツと重ね、縫い合わせる。

甲のパーツが上に来るように置いて縫うと縫いやすいと思います。

甲のパーツのかかと部分(●合印から●合印の間)の縫い代に
切り込みを先に入れてから底のパーツと縫い合わせてください。
【参考画像1】

35-シューズ型ペンケース13

裏地の甲のパーツも表地と同じように、出来上がり線で折り、
かかとを縫い、縫い代を割った後、縫い代に切り込みを入れる。

35-シューズ型ペンケース14

表のパーツを縫い合わせたミシン目の上を重ねて縫います。
表地の甲のパーツ側を上にして縫うと縫いやすいです。

かかと部分は縫いづらいので、確認しながらゆっくり縫ってください。

裏地の甲のパーツ端を0.2センチ程度、外側にずらして縫うと、
出来上がったときに裏地(内側)のダブつきが解消されます。
【参考画像2】

縫い代全体をきれいに切り揃えます。

つま先部分(○合印から○合印間)の縫い代は、
半分の幅に切り揃えてしまいます。
【参考画像3】

35-シューズ型ペンケース15

縫い代の厚みが気になる時は、こんなふうに
余分な縫い代はカットしちゃってください。

表に返し、形を整えます。中に指を入れて縫い代を押し出しながら、
こするように指を動かすときれいに整います。

35-シューズ型ペンケース16

裏返してファスナー部分の裏地を纏ったら完成です。
パツパツで縫いにくいですが、表に返したら収まります。





table_s.gif


甲のパーツにファスナーを付け、つま先パーツと合体させたら、
あとは切り替えなしのペンケースの縫い方と同じです。
記事も前回の記事のコピペが多いですよ。

それにしても生地合わせって難しいですね。
今回は幼稚な仕上がりになってしまいました。

切り替えありorなしは、好みの問題ですが、
こうやって比べると、私は「なし」のほうが好きです。  



kit32.gif


『人気ブログランキング』へ 『FC2ブログランキング』へ

ランキング参加中 
↑ ↑ ↑ 応援クリック お願いします♪ ↑ ↑ ↑







コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURLはこちら
http://mashimaro07.blog42.fc2.com/tb.php/199-fb4373b8

twitter 

 

月別アーカイブ 

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.